ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004.10.07-Thu...

あー、しんどかった。
昨日、久々に平日休みになったオットが、結婚して初めて「クルマをいじる!」と言い出した。事前にパーツ工賃諸々の値段も聞いて了解していたこともあって、実際にクルマをいじるというのがどういうものか見物しにオートバックスへ。
オットが換えるパーツは、サスペンション部分のスプリング。本人曰く「あと3センチ下げたい!」のだそうだ。わたしには車高がさがることの価値はわからないが、普段からいろいろと辛抱させているので、ちょっと奮発しようと思った。
さてオートバックスでパーツを購入、そのままクルマはガレージピットへ。2時間ほどで出来上がります、と言われ、歩いて近所のココイチで食事。もうそろそろかな〜というころに戻る。
しかし待っても待っても出来上がりを知らせるアナウンスはない。3時間が経過したころ、ガレージを覗きに行くと、タイヤがはずされた姿でウチのクルマ。おおまだ作業中か。
しかしわたしは2時間で出来上がったら家に戻って、あれとこれとあれもやろう、と一日の計画をいろいろ立てていたのだ。
困ったなーと思いつつ、眠気をこらえて待つ。
4時間過ぎた頃に、担当の人がやってきて「まだもう少しかかります」と言った。正直、こんなにかかるなら、代車が欲しいぞ、と言いたくなった。
結局出来上がったのは預けてから5時間後。「免許持ってない人は、時間かかるからびっくりするでしょう?」とオット。
まあ、待っている間、ひさびさにゆるっと夫婦でおしゃべりが出来たので、それはそれでよかった。しかしやはり、ロスした3時間はなんとなく惜しい。
「だってね、オット。3時間ったら、ご休憩行けるじゃん!」とわたしが言っても、オットはひとりだけ満足した顔。さっぱりしやがって、こちらは悶々。
これね、オット。さすがに5時間もかかったの、後々までなが〜く言われ続けるのよ、覚悟して頂戴よ。
今言っても、オットは新しいおもちゃを買った子どもと同じで舞い上がっている。言い負けないための切り札は、しっかりと今はまだ持っていよう。
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-02-25 13:32 | お引っ越し
<< 2004.10.15-Fri...