ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004.11.23-Tue...

わたしたちが出会った年の、JRAのCMキャラクターは、木村拓哉だった。随分昔のような気がするけれど、実はついこの間なのかもしれない。産まれた、と思った娘は2歳半になるし、それを思うと、とても短い時間のような気もする。
子どもの頃は一日、一ヶ月、一年というのはとてもとても長い時間だった。それは楽しいことがたくさんあって、やることやりたいことが山盛りで、笑って転げ回ってくたくたで、瞬間がとても濃密だったからだと思う。
でも、濃密な瞬間というのは、オットとふたりでいる時間のすべてのことでもある。振り返ればあっという間。でもその時々はみっちりと詰まった時間だった。
記念日のひとつを忘れて過ごしてしまった。
オットの風邪ひき騒動や、義妹の出産などで紛れてしまったのだ。
大きな記念日は来月にあるから、11月のちいさな記念日は、この先忘れられていくのかもしれない。
あのころの気持ちは忘れたくないなあ…
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-02-25 13:39 | お引っ越し
<< 2005.02.15-Tue... 2005.01.16-Sun... >>