ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005.03.31-Thu...

良い文章書きは、自分の思想を持っていないといけない気がする。
経験があるかないかではないのかもしれない。
経験がなくとも、何を考えることができたか、が勝負の分かれ目なんじゃないか。
日常から、事件から、ニュースから、本から、ネットから、噂から、わたしは何を思い、何を考えたか?
そこが厚みのある文章を作るための味噌蔵だ。
そうじゃないか?
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-02-25 13:44 | お引っ越し
<<  2005.06.27-Mon... 2005.02.15-Tue... >>