ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:題詠blog2007( 62 )

051:宙(史之春風)

俺だって本気を出せばと吠えている無職・航空宇宙学卒
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-18 13:29 | 題詠blog2007

050:仮面(史之春風)

演目は台詞不要の仮面劇 計算されたお茶の間コント
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-18 13:28 | 題詠blog2007

049:約(史之春風)

あたしにも言いたいことはあるけれど要約すれば「馬鹿でした」だけ
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-18 13:26 | 題詠blog2007

048:毛糸(史之春風)

夜なべして余り毛糸で腹巻きを編む「女」の日悶々と更け
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-18 13:25 | 題詠blog2007

047:没(史之春風)

南海の沈没船の甲板に動かぬ時計1945
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-18 13:24 | 題詠blog2007

046:階段(史之春風)

階段のいちばん下に腰掛けて空を見ていた 十九の頃だ
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-07 11:09 | 題詠blog2007

045:トマト(史之春風)

ぐずぐずに熟れたトマトを投げつけてやりたいくらい憎らしい ばか
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-07 11:08 | 題詠blog2007

044:寺(史之春風)

「尼寺へゆけ!」と言われるまでもなく君がいなけりゃ世を捨てるまで
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-07 11:07 | 題詠blog2007

043:ためいき(史之春風)

おとうさんなんでためいきついてるの おかあさんめをあけないのもう
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-07 11:06 | 題詠blog2007

042:海(史之春風)

海の町生まれの君を抱きしめる 肺の動きは潮の満ち引き
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-09-07 11:04 | 題詠blog2007