ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

漢字バトン

うおのめ夏祭りでご一緒させていただきましたmiyukiharuさんから
バトンをいただきました。
以下、その回答です。
あんまり面白いことは書けてないんですけど(汗笑)

 ***

1.前の人(miyukiharuさん)が2で答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

偽:文で創作されたものの根幹?(笑)
  ウソ偽りのない作品は、書かれたものとしては
  「日記」と呼ばれるでしょう。
  少なくともわたしの場合、創作物は偽りで彩られてます。
和:理想。
  子どもの名前にもこの字を使ってます。
  日本らしさを表すもの。なごみ。ひととの繋がり。
  日常生活すべてにおいて、こうありたいという気持ちを
  1字で表しています。
念:思い、憶い、想い。こころに浮かべるもののことですよね。
  時空をやすやすと超えて、他の人に届くものだと思います。
  自分のこころのありよう次第で、
  感謝の念になったり、怨念になったり、厄介なものでもありますね(笑)


2.次の人に回す漢字を3つ。

◆扉
◆結
◆山


3.大切にしたい漢字を3つ。

◆笑
◆創
◆和(前出ですが)


4.漢字のことをどう思う。

グラフィックに興味があるので、いろんなフォントをインストールしているのですが、
デザインする人のセンスでいろんな表情を見せてくれますね。
それはもちろんひらがなにも言えることなのですが、
一文字で多数の意味を含んでいる奥の深さは、文字を使って
創作することを趣味にしている人(文章でもグラフィックでもお習字でも)には
「漢字」が中国で創作された歴史以上の時間を、これからも与え続けてくれるのではないでしょうか。


5.最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください。

◆天下無双(バカですねw)
◆相思相愛(誰とでもそうあればいいなと)
◆喜怒哀楽(これがコントロールできれば…)


6.バトンを回す人とその人をイメージする漢字。

特に誰にも回しません。
これを見てくださった方には、以下の漢字を進呈いたします。

 縁・生
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-31 14:06 | 雑記

020:信号

黄信号アクセル開けろためらうな赤になるまで疑うなかれ
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 08:53 | 題詠100首blog

019:雨(史之春風)

言葉なくぼんやり見てる春の雨君とわたしの遠距離通話
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 08:31 | 題詠100首blog

018:スカート(史之春風)

スカートは女くさくて大嫌い 制服なんか決めつけないで
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 07:59 | 題詠100首blog

017:医(史之春風)

医学部に決まったいとこ前にして代ゼミの僕は無言のビール
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 07:33 | 題詠100首blog

016:せせらぎ(史之春風)

せせらぎも桜も花鳥風月も後回しして予備校にゆく
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 06:55 | 題詠100首blog

015:秘密(史之春風)

15歳誰も知らない秘密持つ コンビニでしか扱ってません
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-27 06:39 | 題詠100首blog

014:刻(史之春風)

午前2時拝啓わたし右の手に持ったナイフで何刻みます?
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-21 21:25 | 題詠100首blog

013:クリーム(史之春風)

あたたかいクリームみたい君は ああ とけるとける とろ とけるとける
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-21 21:22 | 題詠100首blog

012:噛(史之春風)

踏切で奥歯噛みしめ耐えている飛び込めぬ訳こじつけながら
[PR]
by fumi-harukaze | 2006-03-21 21:18 | 題詠100首blog