ながい午睡から覚めた史之春風と、その留守を守った守宮やもりからこぼれ落ちたものの記録。
by fumi-harukaze
カテゴリ
全体
題詠blog2014
題詠blg20013
題詠blog2012
短歌
題詠blog2011
題詠blog2010
題詠blog2008
題詠blog2007
題詠100首blog
お引っ越し
雑記
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
史之春風さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
ちょっと一息(2)
from ~言の葉~
019:男のうた
from 花夢
011:すきまうた
from 花夢
題詠100首blog20..
from みそじのみそひともじ(再)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

違うなぁ……

「ハードボイルド」
「無頼」

……


なんか、違う…

そんなカッコいいのじゃなくて……

上目遣いというか。

なんか、そういうひがんだ感じというのが
近作の印象。
どっか、カッコわりいんだ。
このカッコ悪さも、マラソンを走り終える頃には
こなれて味が出てるとイイなあ。
と思ったり。
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-31 23:15 | 雑記

010:握(史之春風)

懐にポケット瓶を忍ばせて片道だけの切符を握る
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-31 08:37 | 題詠blog2007

009:週末(史之春風)

日曜のサザエさんとのじゃんけんは週末の終わり負けたっていい
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-31 08:35 | 題詠blog2007

ハードボイルドでいこう

いいの。
題詠2007で詠む歌のテーマは

「無頼」

に決めた。


もう、恋の歌とか、
無理に作ったりしない(泣)

今、本屋さんに行くと
村上春樹訳の「長いお別れ」を
発作的に買ってしまいそう。
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-26 00:39 | 雑記

思い切り荒んでみる

しあわせは絵に描いた餅 見えてても腹がふくれる訳はないのだ
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-20 14:55 | 短歌

ハードボイルド短歌

題詠2007の「観賞ブログ」さんを
いくつか拝見させていただいて、

ありがたいことに、いくつか取り上げていただいていて、

んで、思った。

「わし、と思われてる?」


どうもなあ、取り上げていただいた歌って、
性を感じさせないもの、荒んだもの、そんなのみたいで。
というか、ここ数年は荒んだ内容の歌が多かったのだけれど。
評価していただけるものがそっち方向だと
ちょっと自分の方向とか、考えちゃうなあ。

……かわいくねェの。
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-20 13:44 | 雑記

008:種(史之春風)

ひたひたの水に沈んだ眠る種(春だ春だよ目を覚ましなよ)
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-19 07:52 | 題詠blog2007

007:スプーン(史之春風)

スプーンを天にかざせば僕達はいつでも変身できた 負けない
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-19 07:42 | 題詠blog2007

鬱歌

なんでしょーか。
今までできてる歌が
どれもこれも
全部

鬱はいってます。

心身ともに不調な時期に作歌したからでしょうね。

この先は
昨年チャレンジした
「なにくそがむしゃら的」な歌とか
普通に恋の歌とか
作れたらなあ、と思ってます。

うへえ。
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-05 08:21 | 雑記

ぐずぐずぐず

湿っぽい重たい暗い感傷は馬に蹴られる青芝に散れ
[PR]
by fumi-harukaze | 2007-03-05 04:41 | 短歌